アメリカン・エキスプレスの年会費無料クレジットカードってあるの?有料との違いは?

5.アメリカン・エキスプレスの年会費無料クレジットカードってあるの?有料との違いは?

アメックスカードに憧れる方は多いかと思いますが、いざ入会しようと考えても年会費が高額なために躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか?

アメックスグリーンで年会費12000円、ゴールドはその倍以上の29000円と決して安いとはいえない金額です。

年会費以上の価値があるクレジットカードと比喩されることも多いアメックスですが、それでも高額な年会費がかかるクレジットカードを自分に使いこなせるか正直不安になってしまいますよね。

もし使いこなせない、自分に合ってないクレジットカードだったとなれば年会費は無駄に終わってしまいますよね。

わがままかもしれないけど年会費無料でアメックスカードを持ちたい、そんな方は意外と多いのではないでしょうか?

そこで今回は年会費無料のアメックスはあるのか解説していきたいと思います。

またもしあるとすれば有料と具体的に何が違うのかも見ていきたいと思います。

年会費無料で憧れのアメックスを手に入れることが出来れば有り難いですよね、

年会費無料のアメックスカードは?

5.アメリカン・エキスプレスの年会費無料クレジットカードってあるの?有料との違いは?

結論から言いますと年会費無料のアメックスカードはあります。

アメックスカードには本家であるアメリカン・エキスプレスインコーポレイテッドが発行するクレジットカードと、アメリカンエキスプレスのライセンスを受けて国内のカード会社が発行するクレジットカードの2種類あります。

前者をプロパーカード、後者を提携カードと言います。

既にお分かりかと思いますが、プロパーカードと定型カードはクレジットカードの発行会社が異なります。

プロパーカードはブランド会社であるアメリカンエキスプレスが、定型カードはアメリカンエキスプレスと提携したカード会社が発行しているクレジットカードです。

プロパーカードのアメリカンエキスプレスには年会費無料のものはありません。

しかし提携カードであれば年会費無料のアメックスがあります。

ですから年会費無料でアメックスカードを持ちたいのであればプロパーカードではなく提携カードに申込めば良いということです。

しかし本来年会費がかかるアメックスカードを年会費無料で持てるとなれば、何か違いがあるのでは?と気になるところですよね。

年会費無料だと極端にサービスの質が落ちたり特典がしょぼかったりすれば、いくらアメックスと言えど解約したくなってしまいますよね。

プロパーアメックスカードと提携アメックスカードの違いは?

5.アメリカン・エキスプレスの年会費無料クレジットカードってあるの?有料との違いは?

プロパーカードと提携カードの違いについてもう少し詳しく見ていきましょう。

プロパーカードは、国際ブランドが発行するクレジットカードのことです。

アメックスを始めダイナースクラブ、VISA、MasterCard、JCBが国際ブランドです。
そして上記の中でクレジットカードを実際に発行しているのはアメックス、ダイナースクラブ、JCBの3つとなります。

国際ブランドが直接発行しているため、国際ブランドオリジナルのサービスを受けられたり、独自発行ならではのステータスがあります。

通常ですと、カード利用可能な店舗を提供しますが、プロパーカードですとブランド自身がサービスを提供していることがポイントです。

一方で提携カードは国際ブランドとカード発行会社が提携してクレジットカードを発行します。

そして提携カードは、カード利用可能な店舗を確保し独自のサービスを提供しているのです。

つまり提携カードはブランドではなくカード発行会社によって提供されるサービスが異なるということです。

本家のアメックスと年会費無料の提携カードの最大の違いは、やはりステータスです。

国際ブランドが直接発行するため、そのブランドのステータスを直に享受できるといえます。

その為、基本的には審査はプロパーカードの方が厳しいと言われています。
プロパーカードのほうがステータスが上と言われる理由は、最も取得が難しいとされるブラックカードをプロパーカードが発行しているからともいわれています。

プロパーカードと定型カードの違いはそれだけではありません。

サービスの違い

サービスにも違いがあります。
プロパーカードですと一般的なクレジットカードのサービスが提供されます。

一般的と入っても本家アメックス発行のサービスは、他社クレジットカードが提供するものを遥かに凌ぐと言われていますが。

例えばショッピング補償、盗難補償、ラウンジサービスなどです。

これに対し提携カードは一般的なクレジットサービスに提携会社独自のサービスを加えています。

例えば特定のお店での優待などがそうでしょう。

一見すれば提携カードのほうが受けられるサービスが豊富に見えるかもしれません。

ですがサービスが豊富な分、その他のサービスの質や量が落ちていることもあり、どちらのほうが優れているかは一概に言えません。

本家アメックスカードは万が一の時の補償がかなり手厚くしっかりとしていますが、それがお得かと言われると実感は湧きにくいですよね。

もしもの時にはありがたいですが、日常使いでは手厚い補償のありがたみを実感することは先ず無いでしょう。

しかし提携カードは日常使いにおいて力を発揮するタイプのカードですから、一般的には提携カードのほうが優れていると言う見方ができてしまうのです。

年会費無料の提携アメックスカードはどんなの?

例えば年会費無料の提携アメックスカードに「セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード」というのがあります。

このカードは、全国の西友・リヴィンで5日・20日に5%OFFで買い物ができるほか、全国のイトーヨーカドー・セブンイレブンでのカード利用ではセゾンの永久不滅ポイントに加えてnanacoポイントも貯まる特典が付いています。

本家アメックスカードには先ずついてないサービスです。

ポイント還元率の違い

またポイント還元率にも違いがあります。
プロパーカードと定型カードではポイントの還元率に大きな差が出ます。

プロパーカードの場合、クレジットカード本来のサービスを充実させて利用者に対し還元を行います。

これに対し提携カードは普段使いでお得感を実感してもらうことを主な目的としています。

ですから提携カードのほうがポイント還元率は優れています。

もちろん、全ての提携カードに当てはまるわけではなく、中にはプロパーカードと変わらない還元率の提携カードもありますし、効率よく使わないとポイントが貯まらないものもありますので一概には言えません。

ただ、アメックスのプロパーカードは、本家本元であるアメリカンエキスプレスカードだけです。

その故に、年会費無料の提携カードは偽物という言われ方をされることが多いです。

セゾン発行の提携カードはセゾンカードに付帯されるサービスを利用しつつ、アメックス加盟店で利用できるクレジットカードということです。

特にステータスに拘らず実用性を重視したいのであれば年会費無料の提携カードで。そうではなく、アメックスの持つステータスにこだわりたいというのであれば迷わずアメックスのプロパーカードを選択すると良いでしょう。

結局のところ本家アメックスと年会費無料の提携カードはどちらが優れているとは一概に言えません。

カードを持つ人の目的によってどっちが適しているかは変わってくるからです。

アメックスプロパーカードと提携カードのメリットとデメリット

参考程度にプロパーカードと提携カードそれぞれのメリット・デメリットをまとめてみます。

まずプロパーカードですが、基本的なクレジットカードのサービスが充実かつ手厚い。
ステータスがあるので何処で使用しても恥ずかしくない。

逆にデメリットはポイント還元率が低い、独自特典が少ないということです。

特典に関してはこちらで確認してください。

アメックスカード「グリーン・ゴールド・プラチナ」の特典を比較!
アメックスカードにはグリーン、ゴールド、プラチナ、センチュリオンとグレードが分かれていますが、どのような違いがあるのか気になるところ...

提携カードのメリットはポイント還元率が高い、自分に適したサービスや特典を見つけやすい。
デメリットは、使うお店や特定の人の前では使いにくい場合がある、補償や保険が物足りなくもしもの時に役立たない場合があるというということでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする