アメックスカードで利用できる電子マネー

はじめに

アメックスカードと言えば国際ブランドの中でもステータスが高く、高級ブランドというイメージが強くあります。
そのため少額利用に使う電子マネーは、アメックスカードで利用できないという先入観を持っている人も多いでしょう。

しかしアメックスカードでも電子マネーは利用できます。
それではアメックスカードで利用できる電子マネーやその使い方についてご紹介しましょう。

アメックスカードで利用できるのはQUICPay

アメックスカードではQUICPayを利用することができます。
まずはQUICPayについて、そのしくみや使い方について解説しましょう。

QUICPayとは?

電子マネーには前払方式と後払い方式があります。
前払方式には楽天Edy、nanaco、WAONなどがあり、チャージ(入金)することで利用することができます。
後払い方式はiD(アイディー)とQUICPay(クイックペイ)の2つがあり、クレジット機能を応用して後払いで支払いが可能です。

アメックスカードの会員はQUICPayを申込してスマートフォンや携帯電話で利用できます。

QUICPayはJCBが開発した後払い方式の電子マネーで、前払方式と同じようにFeliCaというICチップに情報を保存して利用します。

QUICPayで買い物をすると紐づけされているクレジットカードに請求が行なわれます。

そのためQUICPayはETCカードや家族カードと同じように、本カードに追加して発行する子カードの一種として使います。
ポイントもクレジットカードと同じで、アメックスの場合は100円で1ポイント付与されます。

QUICPayが使える加盟店

QUICPayが使えるのはクレジットカード加盟店ではなく、QUICPay独自の加盟店です。

そのためアメックスカードが使える加盟店では使えない場合もあり、反対にアメックスカードが使えない加盟店でも利用できます。
電子マネーは少額利用が前提となっているので、コンビニやスーパーなどクレジットカードでは使いにくい加盟店が多くなっています。

最近ではクレジットカードでもサインレスで少額利用が可能ですが、アメックスカードで少額利用するのは抵抗があるという人も多いでしょう。
そんな場合にQUICPayを利用すれば、少額利用でもポイントが貯まり、使いみちが広がります。
《 QUICPayが使えるお店 》 http://www.quicpay.jp/shoplist/index.html

QUICPayの使い方

QUICPayに限らず電子マネーはICチップを搭載して利用するので、ICチップさえ搭載できれば形状に関係なく利用ができます。
一般的には電子マネー専用カードや携帯電話、スマートフォンに搭載して利用しますが、キーホルダーなどに搭載した電子マネーもあります。

加盟店で支払う場合は、レジ係に電子マネーで支払うことを伝えて、端末機に携帯やスマホをかざすだけです。
現金払いのように、おつりのやり取りもないので支払いに時間もかかりません。
また、前払方式のように残高不足も気にする必要もありません。

AMEX QUICPayとは?

アメックスで利用できるQUICPayは「AMEX QUICPay」と呼ばれています。
それではAMEX QUICPayの申込方法や注意点を解説しましょう。

AMEX QUICPayの申込

AMEX QUICPayは年会費や発行手数料はすべて無料なので、負担なく利用することができます。

有効期間はID・パスワードの発行月から7年間となります。

AMEX QUICPay申込の流れは以下のとおりです。

  1. メンバーシップ・サービス・センターに電話をする(0120-020120)
  2. AMEX QUICPay申込書を請求
  3. 申込書を送付
  4. ID・パスワードがカード請求書の宛先に送付される
  5. 同封の利用ガイドに従った携帯電話やスマホに登録する

携帯1台に付きひとつしか登録できず、登録可能な携帯やスマホは「おサイフケータイ」の機能が必要です。
おサイフケータイはNTTドコモの商標登録ですが、機能は他の携帯キャリアにも開放しているので、ドコモ以外のauやソフトバンクの携帯やスマホでも利用できます。
また、AMEX QUICPayが登録できるのは本カードだけで、家族カードでは利用することができません。

AMEX QUICPayの注意点

AMEX QUICPayを登録したあとで、携帯やスマホの機種変更をするケースがあります。
その場合にはいったんAMEX QUICPayの情報(ID・パスワード)を預けて、新機種に変更後にその情報を移し替える作業が必要となります。
機種変更前に忘れずに情報の「お預け」を行ないましょう。
また、携帯やスマホの解約・譲渡、盗難紛失の場合も手続きが必要です。

解約・譲渡の場合

AMEX QUICPay搭載のスマホ・携帯を解約・譲渡する場合は、必ずメンバーシップ・サービス・センターにAMEX QUICPay退会の連絡をしましょう。

その上で削除作業を行ってから解約や譲渡しましょう。

盗難・紛失の場合

盗難・紛失をした場合も同様にメンバーシップ・サービス・センターに連絡します。

カード盗難保険の対象となるので、万一悪用されても安心ですが、連絡をしてから60日前の不正利用が対象なので、早めに連絡しましょう。

なお、AMEX QUICPayは基本的に7年の有効期間となっていますが、その期間は延長することができます。
延長する場合はAMEX QUICPayのモバイルサイトにアクセスして、「利用開始」ボタンから有効期限更新ページで「はい」をクリックするだけです。

Apple PayとAMEX QUICPayの違い

アメックスカードではApple Payも利用することができます。
Apple PayはiPhone7以降のiPhoneで利用できる決済サービスですが、実質的に支払いはQUICPayで行ないます。
それではAMEX QUICPayとApple Payではどんな違いがあるのでしょうか?

AMEX QUICPayとApple PayはどちらもQUICPayを利用して支払いをするので、基本機能はまったく同じです。
どちらを利用してクレジットカードと同じようにポイントが付き、QUICPayの加盟店で買い物ができます。
この2つの最も大きな違いは搭載できるスマートフォン違いにあります。
Apple PayはiPhone専用の決済システムで、他機種のスマホや携帯には搭載できません。
またiPhoneでも日本ではiPhone7以降の機種でなければ利用できないという制限があります。
これに対してAMEX QUICPayは「おサイフケータイ」機能があれば、メーカーやキャリアに関係なく搭載が可能です。

アメックスカードでAMEX QUICPayを使うメリット

アメックスカードは高級店の加盟店が多いイメージですが、JCBと提携しているため国内のJCB加盟店も利用できます。

そのため国内利用では利用できない加盟店が多くて困るということはありません。
しかし、少額の利用については、他社のクレジットカードと比べて使いにくいというのは事実です。

サインレスで利用できるコンビニやスーパーは数多くありますが、アメックスブランドのイメージから少額利用にアメックスカードを使うのは抵抗があります。
「アメックスカードを持っているのに、お金がない?」と思われるのが嫌だからです。

実際はそんなことを考える人のカードに対する認識が間違っているだけですが、それでも抵抗感がある人は多いでしょう。
AMEX QUICPayは携帯やスマホに搭載して利用するので、利用時にはアメックスカードと連動していることは第三者にわかりません。
AMEX QUICPayを使えばアメックスカードでも少額利用ができます。
これでアメックスカードだけでは獲得できなかった少額利用でもポイントが貯まるというメリットが生まれます。

まとめ

AMEX QUICPayについてはおわかりいただけたでしょうか?
アメックスカードは高級ブランドで高額商品だけに利用するカードというイメージがありますが、AMEX QUICPayで少額利用もカバーすることができます。

アメックスカードではApple Payも利用できるので、持っているスマホの機種によって、AMEX QUICPayとApple Payを利用するかどうかを決めましょう。

アメックスカードを持っていて、今までAMEX QUICPayを利用したことがない人は、この機会に申込してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする