アメックス審査落ちした原因は?再度申し込みする際の注意点。

はじめに

アメックスは高級ブランドというイメージが強いため審査基準も厳しいという印象があります。

しかし、実際にアメックスカードを持っている人は特別な富裕層ではない、一般的なサラリーマンも少なくありません。

つまり審査基準が特別高いというわけではないのです。

それでも100%審査を通過するクレジットカードはないので、アメックスカードでも審査落ちとなるケースもあります。

そこでアメックスカードで審査落ちした場合の対処方法を考えてみましょう。

アメックス審査落ちの原因を考える

まずはなぜ審査落ちしたのか原因がわからなければ、その後の対処ができません。
一般的に審査落ちするケースから考えてみましょう。

クレジットカード審査落ちの主な理由

一般的にスタンダードカードで審査落ちする場合の原因としては次のことが考えられます。

1. 他社利用で未払いがある

2. 未払いはないが過去に他社で長期延滞がある

3. 申込したクレジットカード会社で過去に事故がある

4. 収入が低いまたは不安定(パート・アルバイト、勤務年数が短いなど)

5. クレジットの利用実績が全くない

アメックスに限らずほとんどは上記理由が原因で却下されています。

1~3に関しては個人信用情報機関に情報が残っている限りは、何度申込しても審査を通過することは難しいでしょう。

他社利用であれば未払いを解消して契約が終了すれば、5年経過することで個人信用情報機関の情報は抹消されます。

その後申込みをすれば審査を通過する可能性がありますが、申込するカード会社の事故記録は5年以上記録が残ります。

中には半永久的に保存しているケースもあるので、申込先のクレジットカード会社に事故歴があれば、審査通過はあきらめたほうがいいでしょう。

4と5に関してはクレジットカード会社やクレジットカードの種類によっては審査通過することもあります。

特に流通系や信販系カードの中にはパート・アルバイトも審査対象としているクレジットカードが多いのでふつうに審査を通過するカードもあります。
5の場合はそれだけで却下されることはありませんが、4の理由が加わると却下の可能性が高くなります。

アメックスの審査落ち理由

アメックスの場合は他社と審査基準が少し違うので、一般的な審査判断とは違う結果になることがあります。

前段の却下理由のうち1~3に関してはアメックスカードの場合でも審査は通過しません。


ただし2の場合はその後の利用が良好であれば
審査を通過する可能性があります。

過去にクレジット事故があってその後に利用が良好というケース自体レアケースですが、考えられないことではありません。

一般的にこうしたブラック情報があればその後の審査は通過しないので、その後の良好な利用記録はありえないことになります。

しかし、例えば3枚クレジットカードを持っていて1枚だけ長期延滞があったという場合、それ以外のカード利用が良好というケースは考えられます。

いずれにしてもブラック情報が残っている状態でも、クレジットヒストリーを作ることができれば審査通過の可能性があるということです。

4と5のケースではアメックスは特に厳しいと考えられます。

パート・アルバイトでは、ほぼ審査は通過しないので正社員を目指すことから始めるしかありません。

審査落ち理由を特定する方法


自分がどんな理由で審査落ちしたのかは、クレジットカード会社に問い合わせても教えてくれません。

審査基準は社外秘なので、たとえ申込者本人であっても具体的な理由を答えることはないでしょう。

客観的に審査の却下理由を調べるためには、まず個人信用情報機関に情報開示の申請をしてみましょう。

アメックスはクレジット系のCIC、消費者金融系のJICCのほかに銀行系のKSCにも加盟しています。

基本的にはクレジット系のCICに情報開示をすれば十分ですが、消費者金融や銀行利用でも思い当たることがあれば、すべての個人信用情報機関に情報開示しましょう。

情報開示の結果報告を確認して他社利用には問題がないことがわかれば、基本的には収入面が原因で審査落ちしたということになります。

正社員として勤務しているのは最低条件ですが、勤務年数が短かったり、年収が低かったりという理由で却下された可能性があります。

年収や勤務年数はすぐには改善できないので、審査通過のために長期的計画を立てる必要があります。

審査を通りやすくするためにすること

収入が不安定と判断されて却下となった場合は、時間をかけるしかありませんが、その間にもやってみて損はないことがいくつかあります。

1. 他社で良好な利用をして実績を積み重ねる
2. 携帯電話だけであれば固定電話も設置する

他社利用であっても繰り返し利用があり正常に支払っていれば実績として残ります。

ただし、高額な利用は必要ありません。

毎月一定以上の金額を利用することが重要で、クレジットをよく理解して支払い観念もしっかりしていることをアピールするのです。


それも1,2ヶ月ではなく半年、1年単位で実行することで効果があります。

また収入が不安定と判断される場合、同時に生活基盤も不安定と判断することが多くなります。

アパート住まいで居住年数が短いといったケースがそれに当たります。

特に携帯電話しか連絡先がないと不安定と判断されることが多いので、固定電話を設置するのも一つの方法です。

以前に比べて「施設設置負担金」が36,000円と半額になっている上、加入権を借りるライトプランもあり固定電話も手軽に設置できます。

クレジットカードの審査だけでなく社会的信用も高くなるので、固定電話の設置はやってみて損はありません。

申込し直すときの注意点


一度審査落ちしてから再度申し込む場合には
注意が必要です。

なぜかというとクレジットカードを申込した記録は、一定期間個人信用情報機関に残るからです。

CICでは6ヶ月以内のクレジットカードや融資の申込情報を加盟会社に提供しています。

そのため、審査落ちしてすぐに申込しても6ヶ月以内に却下されたことがすぐにわかります。

再度申込むときは時間をかけて信用を作り直すことが必要なので、少なくても6ヶ月以上は信用を高める努力をしてから申込し直しましょう。

まとめ

アメックスカードで審査落ちした場合は、その却下理由を把握して改善してからもう一度申し込んでみましょう。

何もしないですぐに申込し直しても、審査落ちを重ねるだけです。

却下にはそれなりの理由があるので、却下理由をはっきりさせることが重要です。

アメックスで審査落ちをしたら、却下理由に応じて6ヶ月以上経過してから再チャレンジすることをおすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする