アメックスをapple payで利用する時のメリット・デメリット

はじめに

Apple Payは海外では以前から利用できたスマートフォンによる決済サービスです。

海外と日本ではスマートフォンの仕様がちがうため時間がかかったようですが、iPhone7 / 7 Plus、Apple Watch Series 2から日本でもApple Payが利用できます。

Apple PayはiPhoneなどにクレジットカード情報を登録して使いますが、すべてのクレジットカードが登録できるわけではありません。

しかしアメリカン・エキスプレスブランドのカードが用できるようになったので、今回はアメックスとApple Payについてご紹介しましょう。

Apple Payのしくみ

Apple Payはどのようなしくみで、スマートフォンによる決済を可能にしているのでしょうか。
ますそのしくみからご紹介しましょう。

QUICPayとiD、Suicaで決済

Apple Payではクレジットカードを登録しますが実際の決済は後払い方式の電子マネーで行ないます。

具体的にはクレジットカードによって、使用される電子マネーが割り当てられますが、アメックスカードの場合はQUICPayで決済されます。

後払い方式なので楽天EdyやWAON、nanacoのようにチャージの必要はありません。

クレジットカードの登録方法

iPhoneにクレジットカードを登録する必要がありますが、登録自体は簡単です。

WALLETと呼ばれるアプリを起動してアメックスカードをかざすだけです。

アメックス以外で登録可能なクレジットカードは以下のとおりです。

  • アプラス
  • イオンカード
  • エポスカード
  • Auウォレット
  • オリコカード
  • クレディセゾン
  • JCBカード
  • ジャックス
  • セディナ
  • ソフトバンク
  • TSキュービック
  • NTTドコモ(dカード)
  • ビューカード
  • ポケットカード
  • 三井住友カード
  • MUFGカード
  • ライフカード
  • 楽天カード
  • Yahoo!Japanカード
  • UCSカード

ほとんどのクレジットカード会社が登録可能ですが、世界的に最も会員数が多いVISAが登録できないのがデメリットといえるでしょう。

ただし、同じVISAブランドでも上記のクレジットカード会社が発行していれば登録は可能です。

デビットカードは基本的に利用できない

最近ではクレジットカードの国際ブランドがついた銀行キャッシュカード機能を持つデビットカードが発行されています。

2005年にスルガ銀行がVISAデビットカードを発行してから普及し、現在ではJCBもデビットカードの発行に力をいれています。

デビットカードはカードショッピングと同時に、銀行口座からリアルタイムで引き落とされるので使いすぎの心配もなく便利です。

しかし、日本ではクレジットカードとしてiPhoneに登録ができないため、国際ブランドがついていてもApple Payでは利用することができません。

特殊な例としてモバイルSuicaは登録可能なので、デビットカードでモバイルSuicaにチャージするという間接的な使い方をすることはできます。

Apple Payでアメックスカードを利用するメリット・デメリット

それではアメックスカードでApple Payを利用するメリットとデメリットをご紹介します。

Apple Payでアメックスカードを利用するメリット


Apple Payが日本で利用可能になった2016年10月では、アメックスカードは登録できませんでした。

アメックスカードが利用できるようになったのは2017年3月1日からなので、すでにアメックスカードを持っていた人にとっては利用できるだけでメリットといえるでしょう。
グリーンカード、ゴールドカード、プラチナカードといったプロパーカードはもちろんですが、ANAやデルタ航空との提携カードもApple Payが利用できます。

また個人向けカードだけでなくビジネスカードやコーポレートカードも利用でき、ほとんどのアメックスブランドのクレジットカードで利用可能です。

ただしセゾンやMUFGと提携したアメックスブランドのクレジットカードはセゾンカード・MUFGカードとして登録されます。

これはブランドよりもクレジットカード発行会社が優先されるためです。

アメックスカードホルダーにとってはApple Payで決済できることで、少額利用でもポイントがつくというメリットがあります。

Apple PayとQUICPayの加盟店で利用できるので、コンビニやスーパーでも気にせずに利用できるからです。

日本でもクレジットカードが普及したといっても、コンビニの少額利用にアメックスカードを利用するのは抵抗があるでしょう。

Apple Payはこの抵抗感を解消してくれます。

Suicaチャージはポイント対象外

モバイルSuicaを登録しておけばアメックスカードでSuicaのチャージをすることができます。

しかしApple Payの利用では通常通りポイントが付与されますが、Suicaチャージだけはポイントが付与されません。

これが唯一のデメリットといえるでしょう。

しかし、アメックスカードでモバイルSuicaのチャージがポイント対象外となったのは、2013年1月からなので、Apple Payを利用する上でのデメリットではありません。

基本的にアメックスカードだからといってApple Payの利用で不利になる点はないので安心して使いましょう。

まとめ

すでにアメックスカードを持っていた人にとっては、Apple Payが利用できるようになったことは大きなメリットでしょう。

また、Apple Payが利用できることで決済の幅も広がったので、これからアメックスカードを作ろうと思っている人にとっても朗報です。

アメリカン・エキスプレスという国際ブランド最大メリットはステータスですが、さらに少額利用でも便利に使えるというメリットが加わったからです。

これをきっかけにまだアメックスカードを持っていない人は申込してみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする