アメックスグリーン、ゴールド、プラチナカードの海外旅行傷害保険の補償内容を比較してみた!

はじめに

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードは
海外旅行向けサービスが充実しているという定評があります。

特に海外旅行傷害保険の補償内容は他社と比べて充実した補償内容となっています。

今回はプロパーカードの3つのグレード、グリーン・ゴールド・プラチナで
補償内容を比較してみましょう。

また、海外旅行傷害保険のどの補償に注目すればいいのかも解説します。

アメックスカード海外旅行傷害保険の補償内容比較

まずはカードのグレード別にどのくらいの補償内容が違うのかを比較してみましょう。

補償額比較表

下の表はグレード別に補償内容を比較したものです。

カードのグレード
グリーンカード ゴールドカード プラチナカード
補償内容 死亡後遺障害 5,000万円 自動付帯5,000万円
利用付帯5,000万円
自動付帯5,000万円
利用付帯5,000万円
治療費用 100万円 200万円
(300万円)
1,000万円
賠償責任 3,000万円 4,000万円 5,000万円
携行品損害 30万円 50万円
(300万円)
100万円
救援者費用 200万円 300万円
(400万円)
1,000万円

※ゴールドの( )内の数字は利用付帯の補償金額

利用付帯と自動付帯

クレジットカードの海外旅行傷害保険には利用付帯と自動付帯があります。


利用付帯はカードで旅行費用や交通費を決済する条件で保険が適用になりますが、自動付帯はカードを持っているだけで保険が適用になります。

グリーンカードは利用付帯なので海外旅行に行く場合は必ずカード決済するようにしましょう。

ゴールドカードとプラチナカードは基本的に自動付帯ですが、死亡後遺障害はカード決済がないと5,000万円に減額されます。

家族カード会員と家族特約

家族カードを持っていれば本カード会員と同じ補償を受けられますが、家族カードは18歳以上でなければ作れないので、小さい子供は補償を受けることができません。

しかしアメックスの海外旅行傷害保険では家族特約がついているので、
死亡後遺障害は1,000万円に減額されますが、その他の補償はほぼ本カード会員と同じになります。

家族特約は他社のクレジットカードではゴールドカード以上でないと付いていないことが多いので、全てのカードに家族特約のあるアメックスカードは貴重です。

基本的に家族カードの対象となる家族には家族カードを作り、18歳未満の子供がいる場合は家族特約を利用しましょう。

なおゴールドカードの場合はカード決済がないと家族カード会員は保険が適用にならないので注意しましょう。

海外旅行傷害保険の補償活用法

海外旅行傷害保険ではいろいろな補償がありますが、
重要なのは死亡後遺障害ではありません。

むしろそれ以外の補償が海外旅行では役立ちます。

治療費用補償

傷害治療費用と疾病治療費用は海外旅行に行くときは必要な補償です。

海外の医療費は盲腸の手術でも100万円以上かかる地域が多いので、治療費用の補償金額が大きいほど安心です。

ただしいくら補償金額が大きくても、ほとんどの保険は治療後に手続きしないと保険金が支払われません。

つまり先に治療費の支払いが必要となるので、
カード利用枠には余裕を持たせましょう。

年会費無料で海外旅行傷害保険が付帯されているクレジットカードを持っていると、
死亡後遺障害以外は合算されて支払われるので、補償金額を大きくすることも可能です。

ただし、カード発行会社が違っていることが条件なので、アメックスカードを複数持っていても補償金額は大きくならないので注意しましょう。

携行品損害補償


アメックスにはショッピング・プロテクションが付帯されていますが、これはカードで購入した商品が対象となります。

海外旅行傷害保険の携行品損害補償は身の回り品であれば、カード決済していなくても損害を補償してくれるので安心です。

盗難・破損・火災などでの損害補償なので、日本よりも犯罪率が高い海外旅行では必須の補償です。

ただし、現金・小切手・クレジットカード・コンタクトレンズなどは対象外となります

損害賠償補償

損害補償はそれほど必要がないと考える人も多いでしょう。

しかし、実際に損害補償するというケースよりも保険料を節約するという意味で便利な補償です。


例えば、海外旅行前にレンタルの携帯電話やスーツケースを利用すると、保険の加入で追加料金が必要になります。

万一破損・紛失した場合は損害賠償しなくてはいけないからです。

しかし海外旅行傷害保険の損害賠償補償があれば、その保険には加入する必要がなく追加料金も必要ありません。

これを覚えておけば余計な出費を抑えることができます。

まとめ

アメックスカードの中でもプラチナカードになると海外旅行傷害保険の補償金額は十分
と言えるでしょう。

治療費用1,000万円はほとんど医療費をまかなうことができます。

アメックスカードを持つのであれば
最終的にはプラチナカードを目指しましょう。

それまではアメックスカードをメインカードにして、
年会費無料カードで補償金額を補填するのがベストな使い方です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする