アメックスプラチナカード徹底解説!年収などの審査条件は?限度額は?

アメックスプラチナカード徹底解説!年収などの審査条件は?限度額は?

アメックスプラチナカード(アメリカン・エキスプレス)は、日本のクレジットカード会社が発行するプラチナカードと比べても、ステータス・サービス両面で優れています。

アメックスが日本で初めてゴールドカードを発行しましたが、その理由は他社との差別化を図るためです。

しかし、ゴールドカードは発行当初は差別化が成功していましたが、他社もゴールドカードを発行するようになり、それほど大きな差がなくなりました。

そこで発行されたのがプラチナカードです。

アメックスのプラチナカードは他社がプラチナカードを発行しているにも関わらず圧倒的な違いがあります。

それではアメックスプラチナカードを手に入れるための方法をご紹介しましょう。

アメックスプラチナカードは招待制!選ばれしものしか持てないクレジットカード

アメックスプラチナカード徹底解説!年収などの審査条件は?限度額は?

アメックスのプラチナカードは、他社のプラチナカードと同じように直接アメックスに申込をすることはできません。

アメックスのゴールドカード会員を対象にしてインビテーション(招待状)を発送することでプラチナカード会員になることができます。

つまりアメックスプラチナカードは選ぶのではなく、選ばれて入会するクレジットカードです。究極のステータスということができます。

審査が難しいというレベルではなく、会員制クラブのようにふさわしい人物でなければプラチナカードが発行されないのです。

しかし、プラチナカードといってもクレジットカードであることには変わりがありません。

人格が審査対象となるわけではなく高額な年会費を支払って、なおかつ高額なカード利用ができる人物がプラチナカードを持つのにふさわしいということです。

アメックスのプラチナカードは招待状が送られてきた時点で、入会可能なので審査はすでに完了していることになります。

つまりゴールドカード会員としてカード利用していることがすでに審査の対象となっています。

それではどんな条件でインビテーションが発送されるのでしょうか。

アメックスプラチナカード招待状の発送条件

アメックスプラチナカード徹底解説!年収などの審査条件は?限度額は?

まずアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの会員になっていることが最低条件です(グリーンカードでも可能性がある)。

三井住友カードのプラチナカードは受付窓口を設置していますが、アメリカン・エキスプレスには窓口はありません。

ゴールドカード会員になってカード利用を続けることがプラチナカードを手に入れる第1の方法です。

もちろん年間いくら利用すればいいかという条件は公表されていないので、カード決済できるものはすべてアメックスゴールドカードで支払いましょう。

支払遅延は絶対にしてはいけません。

公務員や上場企業の正社員といった属性が高い人は数ヶ月してから、アメリカン・エキスプレスに連絡してインビテーションを催促してみると招待状を送ってくれる可能性はあります。

属性が高くなくても1年間ゴールドカードをフル活用していれば、招待状が送られてくる可能性は高くなります。

アメックスプラチナカードのインビテーションに必要な年間利用金額

アメックスプラチナカード徹底解説!年収などの審査条件は?限度額は?

アメックスゴールドカード会員になっていくらカード利用すればインビテーションが送られてくるでしょうか?

アメックスゴールドカード会員の属性によって違いがあるのか、利用金額やインビテーションまでの期間はまちまちです。

しかし、ひとつの目安としては年間利用金額100万円でしょう。

年間100万円のカード利用というと難しそうですが、月あたりにすると85,000円の利用で十分です。

公共料金や毎月支払っている電話・携帯・スマホ料金、新聞代、NHK受信料、インターネット通信費などをすべてカード決済にすれば、独身者でも5万円以上にはなるでしょう。

これらは現金で支払っている生活費の一部なのでプラチナカードを手にするために無理してカード利用しているわけではなく、現金からカード払いに切り替えているだけです。

家族がいる場合はこれらの支払だけで年間100万円以上になるかもしれません。

それ以外に飲食代や衣料費などショッピング利用はすべてカード決済にすれば無理なく100万円以上のカード利用は可能です。

ゴールド会員になってこうした利用を続けていれば時間はかかっても必ずプラチナカードを手にすることができます。

アメックス・プラチナカードのインビテーションが届くにはどうすればいい?
アメックスプラチナカードを持つにはアメックスからインビテーション(招待)されなければいけません。 通常クレジットカードを作るには、...

プラチナカードを手にするレアな方法

アメックスプラチナカード徹底解説!年収などの審査条件は?限度額は?

アメックスプラチナカードの上位カードにはアメックスセンチュリオン(ブラック)カードがありますが、このアメックスセンチュリオンの会員には、アメックスプラチナカードのインビテーションを友人や知人に送る権限があります。

センチュリオン会員が知人にいる場合はお願いしてみると簡単に招待状を手にすることができます。

ちなみにプラチナカード会員には、この権限はありませんが、プラチナカードを紹介できるキャンペーンが行われることがあるので、キャンペーンがあったら紹介してもらうように頼むことはできます。

いずれの場合も知人にアメックスセンチュリオンやアメックスプラチナカード会員がいなければできない方法ですが、自分だけでできる方法もあります。

「日経ビジネス」「プレジデント」といった雑誌の定期購読者向けにインビテーションが発送されることがあります。

経済誌を定期購読するようなビジネスマンは高収入だという判断で発送しているのかもしれません。

ただし必ずインビテーションが発送される保証はないので、プラチナカードを作るために定期購読するというよりは、すでに定期購読している人にはプラチナカードのインビテーションがあるかもしれないという程度に考えておきましょう。

アメッスプラチナカードのメリット

アメックスプラチナカード徹底解説!年収などの審査条件は?限度額は?

アメックスプラチナカードの年会費は、税別で130,000円ですが、それだけの価値があるサービスが提供されています。

しかし、サービスに価値を感じるかどうかは人それぞれです。

アメリカン・エキスプレスのサービスは、高級店舗を利用することで得られるサービスが多いので、スーパーやコンビニでポイントが貯まるといったレベルの価値を期待している人にはむしろ価値が低いでしょう。

例えばアメックスプラチナカードには「ファイン・ホテル・アンド・リゾート(Fine Hotels And Resorts)」というサービスがあります。

このサービスでは次の特典があります。

  • 部屋のアップグレード
  • アーリーチェックイン(空室状況により12:00~)
  • レイトチェックアウト(いつでも~16:00)
  • 朝食サービス(2名まで)
  • オリジナル特典(100米ドル相当のクーポン)がついているプランがある

これらのサービスは、高級ホテルほどメリットがあり、アップグレードでは1泊8万円の部屋から200万円以上の部屋にアップグレードし、追加料金を含めて22万円で宿泊できたという例があります。

この話を聞いて、もともと200万円以上の部屋に泊ることはないからアップグレードによって追加料金を損したと考えるか、200万円以上の価値がある部屋に宿泊できたことを喜べるかによって価値がまるで違います。

アメックスプラチナカードに価値を感じることができる人は後者の考え方ができる人です。

アメックスプラチナカードは人を選ぶ

プラチナカードを手にするだけであれば、ゴールド会員になって100万円以上の利用をすればそれほど難しいことではありませんが、ステータスだけを求めてプラチナカードを手にしても本当の意味で使いこなすことはできません。

年会費を支払うだけのプラチナカードには意味がありません。

プラチナカードのサービスが本当に価値あると感じることができるような生活レベルでないと宝の持ち腐れになります。

一定以上の生活レベルに達していればプラチナカードのインビテーションは当然のように送られてくるでしょう。

アメックスセンチュリオン(ブラック)カード徹底解説!年収などの審査条件は?限度額は?
アメックス(アメリカン・エキスプレス)で最上位のプレミアムカードは「センチュリオン」と呼ばれています。 プレミアムカードは、通...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする