アメックスゴールドカード徹底解説!年収などの審査条件は?限度額は?

アメックスゴールドカード徹底解説!年収などの審査条件は?限度額は?

アメックス・ゴールドカード(アメリカン・エキスプレス)は、一般的なゴールドカードと比べて3倍近い年会費(税別29,000円)にも関わらず人気のあるゴールドカードです。

その理由はどこにあるのでしょうか?

入会申込できるアメリカン・エキスプレスのカードの中で、最もステータスを象徴しているカードというのも一つの理由です。

アメックス・プラチナカードやセンチュリオンは、申込すらできない高いステータスを持っていますが、ゴールドカードは手に届くステータスカードなのです。

アメックスのゴールドカードはそれだけではなく年会費を上回るサービスも人気があります。

今回はそんなアメックスゴールドカードを徹底的に解説します。

アメックス・ゴールドカードの審査

アメックスゴールドカード徹底解説!年収などの審査条件は?限度額は?

アメックス・ゴールドカードは、審査基準が高いというイメージですが、どこのクレジットカード会社でも以前に比べてゴールドカードの審査基準は下がっています。

日本では銀行系のゴールドカードがステータスも高く審査も厳しくなっています。

以前は年収500万円以上、30歳以上でなければ申込基準に達しませんでしたが、今ではJCBゴールドカードの申込基準は20歳以上です。

この理由はゴールドカードが最も上位のクレジットカードでしたが、今ではさらに上位のプラチナカードの存在があるからです。

アメックスにはさらに上位のセンチュリオンがあるので、ゴールドカードの審査を厳しくする必要がありません。

そのためアメックスのゴールドカードの審査を通過した人は、意外に思うほど属性が高くないのです。

20代後半であれば公務員、大手企業の正社員といった属性が必要ですが、30代・40代であれば中小企業や自営業でも年収400万円くらいで審査を通過している例もあります。

しかし同じ年収や属性であれば必ず審査を通過するわけではありません。

  •  クレジットヒストリーがしっかりしていて、他社に支払遅延がない
  •  勤務年数・居住年数が長い

少なくても上記の条件を満たしていなければ審査通過は難しくなりますが、勤務年数に関しては大手企業や公務員であればそれほど長くなくても大丈夫です。

アメックスゴールドカードを確実に作る方法

最も確実にアメックスゴールドカードを作るには、グリーンカードを先に作って支払実績を作ってからグレードアップするという方法があります。

クレジットヒストリーは、他社カード利用分でも審査には有利になりますが、同じクレジットカード会社の利用実績はやはり最強となります。

グリーンカードを公共料金や毎月支払うスマホの料金、プロバイダー料金などフル活用すれば数ヶ月で、グレードアップできたという例もあるので属性に自信がない人はグリーンカードから始めましょう。

アメックスゴールドカードのステータス

アメックスゴールドカード徹底解説!年収などの審査条件は?限度額は?

思ったよりも入会しやすいアメックスゴールドですが、世間一般の見方とは相当な開きがあります。

一般的にはアメックスゴールドカードを作るのは難しく、よほど年収が高くなければ手に入らないというイメージは今でも健在です。

JCBや三井住友カードのゴールドカードよりも、アメックスゴールドカードのほうが持っているだけで驚かれる確率が高いでしょう。

20代で持つことができれば、さらにインパクトが大きくなります。

アメックスゴールドは、さらに上位のプラチナカードを手に入れるためには必須のクレジットカードです。

ステータスのあるゴールドカードを求めるなら、入会しやすいアメックスゴールドカードがおすすめです。

アメックスゴールドカードの付帯保険

アメックスゴールドカード徹底解説!年収などの審査条件は?限度額は?

基本的にアメックスグリーンカードで利用できるサービスはもちろんゴールドカードでも利用できますが、アメックスグリーンカードよりもグレードの高いサービスも提供されています。

その一つが海外旅行傷害保険の補償です。

■海外旅行傷害保険の補償金額

  • 傷害死亡・後遺障害….. 最高 5,000万円(1億円)
  • 治療費用保険金………… 最高200万円(300万円)
  • 賠償責任保険金………… 最高4,000万円
  • 携行品損害保険金……… 1旅行中最高50万円
  • 救援者費用保険金……… 最高300万円(400万円)

※( )内は旅行費用をカード決済した場合の保険金額

アメックスグリーンカードでは治療費用の補償は100万円ですが、アメックスゴールドカードでは旅行費用をカード決済すると300万円まで補償金額がアップします。

海外では医療費が日本よりも高いので海外旅行傷害保険の中でも治療費用の補償金額は高いほど安心できます。

■航空便遅延費用補償(海外旅行)

  • 乗継遅延費用······························ 最高20,000円
  • 出航遅延、欠航、搭乗不能費用······· 最高20,000円
  • 受託手荷物遅延··························· 最高20,000円
  • 受託手荷物紛失··························· 最高40,000円
航空便遅延費用補償は、アメックスグリーンカードにはない付帯保険です。

航空便の遅延によってかかった宿泊費や食費、衣料費などを補償しているので、利用する頻度が高い補償サービスです。

ゴールドカード会員限定サービス

アメックスゴールドカード徹底解説!年収などの審査条件は?限度額は?

アメックスグリーンカードと決定的に違うのは、アメックスゴールドカード会員だけのサービスが提供されていることです。

ゴールドカード会員向けサービスを一覧にしてご紹介しましょう。

  • ゴールドカードの家族カードは年会費税別12,000円ですが、1枚は無料で発行。グリーンカードも選択できます。
  • ゴールド・ダイニング by 招待日和

国内外200店のレストランでコースメニューを2名以上で予約すると1名分無料

  • Taste from American Express Invites レストラン優待

世界400店以上のレストランで20%オフやボトルワインサービスなどの優待サービス。

  • ゴールド・ワインクラブ

最高級ワインの直輸入販売をしている「エノテカ・オンライン」と提携したワインに関するサービス。

  • プリファード・ゴルフ

世界70ヶ所以上の提携ホテル2泊以上でホテル経営のゴルフ料金1名分無料(年会費295米ドルが無料)

  • 京都特別観光ラウンジ

高台寺塔頭 圓徳院「京都特別観光ラウンジ」サービス。圓徳院書院・知客寮でお茶の接待、圓徳院の拝観無料などのサービスがある。

ポイントプログラムは、アメックスグリーンカードと共通

アメリカン・エキスプレスのポイントサービスは「メンバーシップ・リワード」で統一されていて、グリーンカードとサービス内容に違いはありません。

100円1ポイント付与で還元率は0.3%~1%とポイント交換による違いがあります。

ポイントサービスの特長としては「メンバーシップ・リワード・プラス」(年会費税別3000円)に登録すると、ポイント有効期限が無期限になりポイントの還元率もアップします。

特にANAマイルを貯めている人であれば、2,000ポイント→1,000マイルが2倍の1,000ポイント→1,000マイルになります。

また日本旅行での代金に使う場合も1ポイント0.4円から1ポイント0.8円と2倍になるのでお得です。

まとめ:アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのメリット

アメックスゴールドカード徹底解説!年収などの審査条件は?限度額は?

アメックスゴールドカードのメリットはたくさんあります。

最高1億円補償の海外旅行傷害保険やプライオリティ・パスのスタンダード会員無料といった海外旅行向けサービス、ゴールド会員限定のサーブなどがありますが、本当のメリットはこうしたサービスではありません。

アメックスゴールドカードのメリットはそのステータスにあります。

アメックスゴールドカードは、入会するハードルは思ったほど高くありませんが、世間一般ではおそらくゴールドカードの中では最もステータスが高いと評価されているでしょう。

さらにステータスが高いプラチナカードを手にする可能性を持っていることも、大きなメリットです。

もしあなたが会社員で部下がいたとすると、自分が一般カードしか持っていないのに、部下がアメックスゴールドカードを持っていたらどうでしょうか?

部下に先を越されないためにもアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードに一度チャレンジしてみましょう。

もちろん20代でも持つことができるので、先にアメックスゴールドを手に入れて、上司をびっくりさせることもできます。

アメックス ゴールド 
通常年会費29,000円のところ
初年度会費無料キャンペーン中!

早くプラチナ・センチュリオンを持ちたいという方は、グリーンを飛ばして初めからゴールド。
VIPカードが持つ特典を存分に味わってください。

>> 初年度年会費無料のキャンペーン詳細へ

アメックスプラチナカード徹底解説!年収などの審査条件は?限度額は?
アメックスプラチナカード(アメリカン・エキスプレス)は、日本のクレジットカード会社が発行するプラチナカードと比べても、ステータス・サ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする