アメックスグリーンカード徹底解説!年収などの審査条件は?限度額は?

アメックスグリーンカード徹底解説!年収などの審査条件は?限度額は?

アメリカン・エキスプレスは通称アメックスとよばれているクレジットカードの国際ブランドの一つです。

国際ブランドは、ほかにVISA、マスターカード、JCB、ダイナースクラブがありますが、アメックスはダイナースクラブと並んでステータスの高いカードブランドです。

アメックスの中で最もスタンダードなクレジットカードがアメリカン・エキスプレス・カードで、通称グリーンカードとよばれています。

上位カードのゴールドカードやプラチナカードが欲しい人でも、まずはグリーンカードからスタートしましょう。

例外的にゴールドカードを持てそうならアメックス・ゴールドカードでも問題ありません。

今回はグリーンカードを徹底的に解説するので、アメックス・グリーンカードを申込前にチェックして頂ければ幸いです。

アメックスは、ステータスを得たい人には最適です

アメックスグリーンカード徹底解説!年収などの審査条件は?限度額は?

VISAやマスターカードは自社でクレジットカードを発行していない「ブランドホルダー」ですが、JCBやダイナースクラブ、アメックス(アメリカン・エキスプレス)はカード発行会社とブランドホルダーを兼ねています。

つまりアメックス(アメリカン・エキスプレス)のブランドを持つクレジットカードは、日本のクレジットカード会社と提携して発行している「提携カード」とアメリカン・エキスプレスが単独で発行している「プロパーカード」の2種類に分けることができます。

クレジットカードの審査はカード発行会社がするので、提携カードのほうが入会しやすいといえます。

しかし、ステータスという点で考えると「プロパーカード」のほうがはるかに高いでしょう。

クレジットカードのステータスは何かということを考えると、やはり入会が難しいクレジットカードを持つことがステータスにつながります。

だれでも持つことができるクレジットカードにはステータスを感じないからです。

ステータスを感じることができるアメックスのカードはやはり「プロパーカード」であって、その中でも最も入会しやすいのがグリーンカードです。

アメックスグリーンカードの審査

アメックスグリーンカード徹底解説!年収などの審査条件は?限度額は?

アメックス(アメリカン・エキスプレス)カード、通称グリーンカードはいわゆるスタンダードカードですが、日本のクレジットカード会社のゴールドカードに相当するサービスが提供されています。

したがってゴールドカードの審査基準と考えていいでしょう。

パート・アルバイトでは審査は通過しません。

グリーンカードの入会条件は次のとおりです。

  • 20歳以上で日本国内に定住
  • 日本国内に定職・定収入がある(パート・アルバイトは不可)
  • 他社のクレジットやローンで延滞がない

上記を満たさない場合は審査する前に却下されてしまいます。

アメックスグリーンカードの審査基準の年収は?

年収については条件がありませんが、400万円が一つの目安となるでしょう。

しかし年収が少し低いからといってそれだけで却下されることはありません。審査は総合的に判断するものだからです。

年収・勤務先・勤務年数・居住年数・クレジットヒストリーといった審査項目を総合的に判断するので、どれか一つが弱くてもほかの審査項目でカバーできれば審査を通過しやすくなります。

特にアメリカン・エキスプレスでは安定性を重視するようなので、勤務年数や居住年数は長いほど有利になります。

またクレジットヒストリーはクレジットを利用した履歴のことですが、安定して支払うことができることを示す重要な審査項目です。

審査に不安がある場合は、手持ちのクレジットカードを利用して良好なクレジットヒストリーを作ってから申込するといいでしょう。

アメックスグリーンの海外旅行向けサービス

アメックスグリーンカード徹底解説!年収などの審査条件は?限度額は?

アメックスグリーンの魅力はアメックスブランドのステータスもありますが、サービスが充実しているという点も大きな魅力です。

特に豊富な海外旅行向けのサービスに特長があります。

国内空港ラウンジが無料になるサービスは、他社のゴールドカードでも標準装備されていますが、アメックスグリーンでは加えて「プライオリティ・パス・メンバーシップ」スタンダード会員の年会費99米ドル(約1万円)が無料になります。

アメックスグリーンの年会費(税別12,000円)にほぼ匹敵する価値のあるサービスです。

空港ラウンジには種類があって通常ゴールドカード会員が利用できるのは、クレジットカード会社が運営している空港ラウンジです。

プライオリティ・パスではカード会社運営の空港ラウンジよりも豪華な空港運営の空港ラウンジが利用できます。

海外旅行や海外出張が多い人にとっては嬉しいサービスでしょう。

それ以外にもアメックスグリーンでは次のような海外旅行向けサービスが豊富にあります。

  • 手荷物無料宅配サービス
  • エアポート送迎サービス
  • 空港パーキング
  • 無料ポーターサービス
  • 空港クロークサービス
  • エアポート・ミール(国内線)
  • 海外旅行先での日本語サポート
  • 海外用レンタル携帯電話

アメックスグリーンの付帯保険とセキュリティサービス

アメックスグリーンカード徹底解説!年収などの審査条件は?限度額は?

アメックスグリーンの充実したサービスは海外旅行向けサービスだけではありません。

付帯保険に関しても充実した補償内容の保険を提供しています。

最高5,000万円の補償がついている海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険が自動付帯となっているほか、次のプロテクションサービスがあります。

■不正プロテクション

カード盗難保険はもちろん付帯されていますが、カード本体が盗まれていない場合保険が適用にならないことがあります。

アメリカン・エキスプレスでは不正検知システムを導入して、カード情報だけを盗んで不正利用する犯罪にも対応しています。

■オンライン・プロテクション

オンライン・ショッピングでの不正利用も年々増えていますが、第三者によるオンライン不正利用の被害金額もアメリカン・エキスプレスが補償します。

■ショッピング・プロテクション

アメックスグリーンで購入した商品の破損を購入日から90日間年間500万円まで補償。

■リターン・プロテクション

商品の返品を購入店が受け付けない場合、購入日から90日以内であればアメリカン・エキスプレスが購入金額を最大3万円まで返金(年間最大15万円)

これらは日本のクレジットカード会社にはないサービスです。

アメックス(アメリカン・エキスプレス)のポイントサービス

アメックスグリーンカード徹底解説!年収などの審査条件は?限度額は?

アメリカン・エキスプレスのポイントプログラムは「メンバーシップ・リワード」で、100円で1ポイント付与、ポイント還元率は0.3%~1%。

基本的にはポイントを貯めて節約につなげるというコンセプトのクレジットカードではないので、ポイント目的で入会しないほうがいいでしょう。

ポイント有効期限は3年ですが一度ポイント交換すると無期限になるので、有効期限切れを心配しなくてもすみます。

なお公共料金はポイントの付与は半分で、200円で1ポイントです。

ポイントの交換は商品意外にマイルへの移行もでき、「メンバーシップ・リワード・プラス」(年会費税別3,000円)に加入すると移行率が2倍になります。

通常2,000ポイント→2,000マイルのところ1,000ポイント→2,000マイルとなるのでお得です。

ただし2017年4月1日からANA以外の航空会社(12社)は1,250ポイント→1,000マイルとなります。

マイル移行へのメリットは、ポイントに有効期限がないので、充分に貯まってからマイルに移行することができる点です。

したがって「メンバーシップ・リワード・プラス」に加入するのは、ポイントをマイルに交換する直前で構いません。

アメックス(アメリカン・エキスプレス)の優待サービス

アメックス(アメリカン・エキスプレス)では、多彩な優待サービスを提供しているので、どれを利用していいかわからないというぜいたくな悩みがあります。

この悩みを解決してくれるウェブサイトがあります。

「アメリカン・エキスプレス・コネクト」ではショッピング・ダイニング・トラベル・エンターテインメント・ライフスタイルの5つのジャンルをまとめて確認できます。

気に入った優待サービスを見つけると同じ条件の優待サービスを表示でき、並べ替え機能で探しやすくなるなど便利な機能で自分に合ったサービスを探しましょう。

アメリカン・エキスプレス・コネクト

アメックスグリーンカードはアメリカン・エキスプレスの登竜門!

アメックスグリーンカードは、ゴールドカード並みのサービスといってもアメリカン・エキスプレスの中ではスタンダードなクレジットカードです。

アメックスでもステータスが高いといえるのはやはりゴールドカード以上のグレードですが、グリーンカードで実績を積んでいればゴールドカードへの道は近くなります。

今回の情報を参考にして、まずはグリーンカードを手にするのが基本でしょう。

アメックスゴールドカード徹底解説!年収などの審査条件は?限度額は?
アメックス・ゴールドカード(アメリカン・エキスプレス)は、一般的なゴールドカードと比べて3倍近い年会費(税別29,000円)にも関わ...

アメックスグリーンカード 
通常年会費12,000円のところ
初年度会費無料キャンペーン中!

アメックスを持つならまずはここから。個人的にはグリーンカードのデザインが一番大好きです。
前にですぎず、主張しすぎないカッコいい男の1枚です。

>> 初年度年会費無料のキャンペーン詳細へ

追記↓↓

アメックスグリーンと他社カードを比較

アメックスグリーンカードは、ゴールドカードという位置づけではなく、あくまでもアメックスの基本のクレジットカードです。

しかし、そのアメックスグリーンカードの内容は、他社ゴールドカードと同等もしくはそれ以上と言われています。
そのため、ここでは他社発行のゴールドカードの中でも人気のカードと比較していきます。
ここでは

  • アメックスグリーンカード
  • 三井住友VISAゴールド
  • JCBゴールド
  • MUFGカードゴールド
  • ダイナースクラブカード

で比較したいと思います。

5社の年会費を比較:アメックスグリーンと他社クレジットカード

クレカ種類年会費
(いずれも税抜き表示)
アメックスグリーンカード12,000円
三井住友VISAゴールド10,000円
JCBゴールド10,000円
MUFGカードゴールド1,905円
ダイナースクラブカード22,000円
年会費はダイナースクラブの次にアメックスグリーンカードが高いです。

ただアメックスグリーンカードは初年度年会費が無料になるキャンペーンを定期的に開催していますので、試しに使ってみたいという方にも気軽に申し込むことが出来ます。

価格帯が近い三井住友VISAゴールドもネット申し込みで初年度の年会費無料が無料、2年目以降も一定条件をクリアすることで4000円にすることができます。

5社の審査基準を比較!アメックスグリーンと他社クレジットカード

クレカ種類審査基準
アメックスグリーンカード20歳以上、年収300万円以上(推定)
三井住友VISAゴールド30歳以上、年収500万円以上(推定)
JCBゴールド20歳以上、安定継続収入
MUFGカードゴールド20歳以上、200万円以上(推定)
ダイナースクラブカード27歳以上、500万円以上(推定)
以前まではゴールドカードの標準的な入会基準は満30歳以上、年収500万円以上、勤続年数5年以上と言われていました。

ですが、最近は各社ともに入会基準を従来よりも引き下げ傾向にあります。

更に具体的な年収基準を明記していないゴールドカードが多くなりました。

MUFGカードゴールドは年会費が低いこともあり、他のゴールドカードに比べ審査基準は低いと言われています。

表はあくまでも推定ですが、年収200万円台でも取得できたという事例もあります。

この中で最も審査基準が厳しいと言われているのはダイナースクラブカードです。

ここではゴールドカードの分類として比較対象に入れていますが、実際ダイナースクラブカードはプラチナランクでもおかしくないほどの実力とステイタスを誇ります。

その為、審査基準はかなり厳しいです。審査に通ったという人に共通するのは年収が500万円以上ということです。

また年齢27歳以上は厳格なようで、仮に年収が500万円以上でも年齢条件を満たしていないと審査は通らないようです。

アメックスグリーンカードは、20歳以上から申し込みが可能。

年収の条件はありませんが、パート・アルバイトの申し込みは不可となりますので注意が必要です。

一般の会社の正社員であれば、入会はさほど難しくないようです。

5社の旅行保険を比較!アメックスグリーンと他社クレジットカード

クレカ種類旅行保険(海外・国内)
アメックスグリーンカード利用付帯、海外旅行最高5000万円、傷害・疾病治療最高100万円、本会員と原則同額補償の家族特約つき、傷害死亡・後遺障害は家族は1000万円まで
三井住友VISAゴールド自動付帯、海外旅行最高5000万円、傷害・疾病治療最高300万円、国内旅行最高5000万円、家族特約つき
JCBゴールド自動付帯、海外旅行最高1億円、傷害・疾病治療最高300万円、国内旅行最高5000万円、家族特約つき
MUFGカードゴールド自動付帯、海外旅行最高2000万円、傷害・疾病治療最高200万円、国内旅行最高2000万円(利用付帯)
ダイナースクラブカード自動付帯、最高1億円、傷害・疾病治療最高300万円、国内旅行最高1億円
アメックスグリーンカード以外は、基本的に自動付帯となります。

利用付帯は旅行代金等をカードで決済しないと保険が適用されません。

自動付帯はカードを持っているだけで保険が適用されます。

ただアメックスグリーンカードは原則として家族も同額補償特約付きなのが大きなメリットと言えます。

5社の空港ラウンジサービスを比較:アメックスグリーンと他社クレジットカード

クレカ種類空港ラウンジサービス
アメックスグリーンカード国内の主要空港及び仁川・ホノルル空港内の提携ラウンジを同伴者1名まで無料利用可能
三井住友VISAゴールド国内の主要空港ラウンジを無料利用可能、同伴者1名に付き250円~1543円
JCBゴールド国内26空港及びホノルル空港のラウンジを無料利用可能、同伴者1名に付き250円~1543円
MUFGカードゴールド国際線利用時に主要7空港のラウンジは無料利用可能、同伴者1名に付き250円~1543円
ダイナースクラブカード国内外600ヶ所以上のラウンジが利用可能(VIPラウンジ含む)
空港ラウンジサービスは基本的に会員本人だけが無料で利用可能ですが、アメックスグリーンカードは同伴者1名まで無料となります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする