何が違うの?アメックスカードとセゾン・アメックスカードの違いは?

アメックスカードとセゾンアメックスカードの違い

アメックスカードに入会を考えている方の中には、アメックスカードとセゾンアメックスカードどちらにしようか迷っている方も多いのではないでしょうか?

どちらもアメックスでしょ?そう思っている方が殆どかもしれません。

しかしこの両者は似て非なるもので、セゾンアメックスは正確にはアメックスではありません。

今回はアメックスカードとセゾンアメックスカードの違いについて解説していきたいと思います。

プロパーカードと提携カードに分けられる。

アメックスカードとセゾンアメックスカードの違い

日本で発行されているアメックスのクレジットカードは大きく分けて2種類です。

1つは本家アメリカン・エキスプレスが発行するカード。

要するにプロパーカードのこと。

代表的なものとしてはアメックスグリーンやアメックスゴールドが挙げられます。

そして、もう1つは信販会社であるクレディセゾンがアメリカン・エキスプレスと提携して発行するセゾンアメリカン・エキスプレスカードです。

要するに提携カードであり、一般的にセゾンアメックスと呼ばれたりしています。

冒頭でセゾンアメックスはアメックスではないと説明しました。

その理由は、セゾンアメックスはVISAやマスターカードと同じで、国際ブランドとしてあくまで決済サービスを提供しているだけだからです。

確かにアメリカン・エキスプレスのロゴは入りますが、本家のアメリカン・エキスプレスの特典やサービスとは何の関係も無いのです。

つまり、セゾンアメックスで提供されるサービスや特典は、クレディセゾン独自のものということです。

「はじめてのアメックスなら年会費が安いセゾンアメックスがおすすめ」

なんてホームページに記載されていたら、こっちのアメックスに申し込んでしまう方も多いかもしれません。

正直、こういった手法はズルい気がしてなりませんが、違いが分かってて申込むのであれば特に問題ないでしょう。

ではより具体的な違いについて見ていきましょう。

アメックスカードとセゾンメックスの具体的な違い

アメックスカードとセゾンアメックスカードの違い

まずアメックスカードとセゾンアメックスカードでは提供しているカードのランクと入手方法、更には年会費が違います。

アメックスカードは、グリーン・ゴールド・プラチナ・センチュリオン(ブラック)の4種類です。

グリーンが最下位でセンチュリオンが最上位のカードとなります。

最下位のカードと言ってもアメックスグリーンは他社クレジットカード会社が発行するゴールド・カードと同等の年会費、サービス内容です。

一方でセゾンアメックスカードは、パール・ブルー・ゴールド・プラチナとなります。

ランク的に言えばアメックスゴールドとセゾンアメックスカードの最上位であるプラチナが同程度のクレジットカード。

アメックスグリーンとセゾンアメックスカードのゴールドが同じという事になります。

つまりアメックスのプラチナとセンチュリオンには、セゾンアメックスカードは、到底及ばないということになります。

アメックスカードは、最上級のハイステータスなクレジットカードです。

年会費を比較

年会費は、アメックスグリーンでも12,000円と他社のゴールド・カード並みです。

その上のアメックスゴールドは、29,000円、更にプラチナは130,000円、センチュリオンに至っては35万円の年会費がかかります。

一方で、セゾンアメックスカードは最上位のプラチナで20,000円、ゴールドが10,000円、ブルーが3,000円、パールは1,000円となります。

アメックスの一般カードが、他社のゴールド・カードに匹敵するほどのステータスを誇るという点でセゾンアメックスカードと大きく異なるということがお分かりいただけたかと思います。

セゾンアメックスカードは、最も年会費が安いパールに関しては初年度は無料となります。

更に1年に1度でも利用すれば、翌年度の年会費も無料となりますので、実質無料でアメリカン・エキスプレスカードを持つことが出来るということになります。

アメックスの国際ブランドのクレジットカードでは、唯一年会費無料で使用できるのがセゾンアメックスカードパールなのです。

アメックスカードとセゾンアメックスカードの入手方法の違い

また両者にはそれぞれのカードの入手方法にも違いがあります。

一般的にプラチナカードは招待制となりますが、セゾンアメックスカードの場合はプラチナでもビジネスカードに限っては申込が可能です。

アメックスは、プラチナとセンチュリオンが招待制となりますので自分から申し込みして入会すると言ったことは出来ません。

ステータスを気にする人にとっては、セゾンアメックスカードよりも本家アメックスカードのほうが断然良いということは伝わったかと思います。

ですが誰もがクレジットカードにステータスを求めるわけではありません。

むしろ重要なのは中身、サービスや特典という方のほうが多いかもしれません。

アメックスカードとセゾンアメックスカードのサービスや特典にどのような違いがあるのか

ここでは違いが分かりやすいようにほぼ同ステータスのカード同士を比較したいと思います。

比較するのは、アメックスゴールドカードとセゾンアメックスカードプラチナです。

まず優待サービスについてですが、両者には共通のサービス「アメリカン・エキスプレス・セレクト」があります。

これはレストラン、ホテルなどを特別料金で利用することが出来るサービスです。他にも特典付きで利用できるなど他社クレジットカードにはないサービスとなっています。

しかも対象となるホテルやレストランは全国200箇所以上と幅広いです。アメックスが提供するサービスの中でも特に人気の高いものです。

ポイントとマイルについてを比較

次にポイントとマイルです。

クレジットカードを利用する上で殆どの方が気にされるポイント付与。

これに関しては、セゾンアメックスカードプラチナのほうが優位といえます。

セゾンには「セゾンマイルクラブ」というサービスが用意されており、これによればJALのマイル還元率は1.125%にアップします。

セゾンマイルクラブの還元率はJALのプロパーカードよりも上です。

アメックスゴールドはメンバーシップ・リワードプラスを利用すればマイルの還元率を1%に出来ますが、年会費は3,000円必要です。

セゾンアメックスカードプラチナは、年会費無料でマイルの還元率を上げることが出来ます。

JALマイラーの方は勿論ですが、支払い毎にポイントとマイルを貯めることを重視されるのであればセゾンアメックスカードプラチナのほうが良いでしょう。

旅行保険などのサポートを比較

出張や旅行で海外に行く方にとって重要となるのが海外旅行保険などのサポート関連です。

アメックスゴールド、セゾンアメックスカードプラチナどちらもプライオリティ・パスのプレステージ会員に無料加入が可能です。

空港ラウンジも無料で利用できます。

但し、アメックスゴールドなら同伴者1名まで無料で利用できます。

また、海外旅行保険の保証額は同一となりますが、実はココにも違いがあります。

アメックスゴールドは、旅行費用の支払いにクレジットカードを使用しないと、限度額が半額になってしまうのです。

一方でセゾンアメックスカードプラチナは自動付帯でも金額は変わらずです。

アメックスカードとセゾンアメックスカードの違いまとめ

アメックスカードとセゾンアメックスカードは年会費が大きく異なります。

その為、サービス内容や特典に大きな違いがあると思っている方も多いです。

しかし実際のところはと言いますと、スペック上はそれほど大きな差はありません。

むしろセゾンアメックスカードのほうが優れている点もある程です。

コスパで選ぶのであればセゾンアメックスカードのほうが良いでしょう。

セゾンアメックスカードのほうが実用的と言えます。

それでも本家アメックスカードの方が良いという方は沢山います。

その理由は、スペックやコスパ比較などでは単純に語れない価値がアメックスカードにあるからでしょう。

ステータスもそうですが、実際に使ってみないとわからない価値がアメックスカードにはあります。

もちろんセゾンアメックスカードでもアメックスカードの魅力は十分に味わえます。

アメックスカードを使いたいけど敷居が高くてと遠慮してしまうのであれば、まずはセゾンアメックスカードから始めてみるのも良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする